So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

停電時の暖房と冷房は難題... [災害予備知識]

急に寒くなって、いよいよ冬本番な雰囲気を醸し出していますね。

温暖化が話題になって久しいですが、一方で氷河期に向かっているといっている学者もいるし、やはり自然に人間は勝てないと言うことなのでしょう。

そこで気になるのは、近年災害に遭われて仮設住宅などで暮らしている方々の状況です。
気候の変化がストレスの原因にもなりますので心配です。

さて、タイトルの通り、停電時の暖房と冷房についてなのですが、解決策が見いだせていないものの一つです。

今回は季節的に暖房にフォーカスして書いてみたいと思います。
停電していても、石油ストーブが使えれば問題はありませんよね。
ところが、マンションやアパートなどの集合住宅では、禁止されているところが多いと思います。
雪国ではそうでもないのかしら...むしろ、そうであって欲しいのですけど...

では、石油ストーブが禁止されている場合、停電時に有効な手段があるかというと、実はあまりありません。
ファンヒーター系は電気を必要としていますし、それ以外の方法で部屋全体を暖めるほどの力をもったものは今のところ見つかっていません。
例えば、カセットコンロなどを使って、お湯を沸かすという方法はあると思います。
湿度が上がれば体感温度も上がりますし、温かい飲み物を飲むこと、食事を摂ることで暖まるという方法はあると思います。
カセットコンロ自体は使って入れれば一見暖かそうですが、暖房機能は全くないと思ってください。
かつて経験済みです。
寒い時にカセットコンロを使っても、暖かさを感じるには「多分」数時間かかると思います(笑)

一方で若干高額ですが、カセットボンベを使った室内用ストーブもあります。
でも、せいぜい1〜2時間程度と考えた方がいいでしょうし、部屋全体を暖める力はないでしょう。
それであれば、より安価な屋外専用と謳っているガスボンベ式のストーブを用意しておくということが考えられます。
ただし、前提として「屋外専用」ですので、室内で使う際は注意が必要です。
素人考えでは、レンガなどを敷き詰めた上で室内で使う分には問題ないような気がするのですが、どうなんでしょうか。
何を持って屋外専用と謳っているのかがわからないので、要注意ですね。

そして、多分これしかないだろうという技があります。
石油ファンヒーター・ガスファンヒーターなどを持っているという前提になってしまいますが、ポータブル電源と繋いで、短時間ながらも運用するという方法です。
ポータブル電源がどれだけ持つかは計算してみないとわかりません。

ポータブル電源については、改めて詳しく書くつもりでいます。


nice!(0)  コメント(0) 

100均商品の考え方について 電池編 [災害予備知識]

ダイソーやキャンドゥ、その他100円均一ショップの店内をぐるぐるしているのは楽しいですよね。
大きい店舗であればなおさらです(笑)

僕の楽しみは、新しい商品を見つけることもそうですが、これとあれを組み合わせるとこんなものができそうだな。とか想像を巡らせることですね。

さて、災害時に備えた備品の購入について、100均はとても役立つと思います。
安く色々なものが揃えられますし、安いからこそ「非常時持ち出し袋」にキープするのではなく、日常的に循環利用して、フレッシュな状態を保っていけるのではないかと思うんです。

そうなんです。非常時に備えたものは、実は常に使える状態になっていないと意味がありません。
いざ食べようと思ったら、賞味期限が切れていてちょっと心配。
いざ使おうと思ったら、動作しない。
これでは役に立ちませんよね。

今回は、電池にフォーカスして考えてみたいと思います。
100均ではブランドオリジナルの電池と、三菱・東芝などのよく知られたメーカーのものを扱っていることが多いようです。
あるサイトによれば、電池性能としては大きな差異がないとのことでしたが、気になるのは液漏れです。
これは実際に使ってみなければわからないことですので、注意が必要です。
メーカーだから安心ではないこともネックですね。

そして、皆さんが意外にはまっているのではないかという点。
実は、100均の携帯ライトは、ボタン電池使用率が高いということです。

できれば、災害時に電池を使う製品は、電池サイズ...例えば単三・単四などで統一しておきたいですよね。
電池の仕様が違うガジェットが多ければ、その分備蓄しなければならないものが増えるわけです。
一方で、ある程度電池の仕様を整理できていれば、最悪の場合入れ替えて使うということもできるわけです。
こういった視点からも災害備品を見直してみる必要があるかと思っています。


nice!(0)  コメント(0) 

100均商品の考え方について 電池編 [災害予備知識]

ダイソーやキャンドゥ、その他100円均一ショップの店内をぐるぐるしているのは楽しいですよね。
大きい店舗であればなおさらです(笑)

僕の楽しみは、新しい商品を見つけることもそうですが、これとあれを組み合わせるとこんなものができそうだな。とか想像を巡らせることですね。

さて、災害時に備えた備品の購入について、100均はとても役立つと思います。
安く色々なものが揃えられますし、安いからこそ「非常時持ち出し袋」にキープするのではなく、日常的に循環利用して、フレッシュな状態を保っていけるのではないかと思うんです。

そうなんです。非常時に備えたものは、実は常に使える状態になっていないと意味がありません。
いざ食べようと思ったら、賞味期限が切れていてちょっと心配。
いざ使おうと思ったら、動作しない。
これでは役に立ちませんよね。

今回は、電池にフォーカスして考えてみたいと思います。
100均ではブランドオリジナルの電池と、三菱・東芝などのよく知られたメーカーのものを扱っていることが多いようです。
あるサイトによれば、電池性能としては大きな差異がないとのことでしたが、気になるのは液漏れです。
これは実際に使ってみなければわからないことですので、注意が必要です。
メーカーだから安心ではないこともネックですね。

そして、皆さんが意外にはまっているのではないかという点。
実は、100均の携帯ライトは、ボタン電池使用率が高いということです。

できれば、災害時に電池を使う製品は、電池サイズ...例えば単三・単四などで統一しておきたいですよね。
電池の仕様が違うガジェットが多ければ、その分備蓄しなければならないものが増えるわけです。
一方で、ある程度電池の仕様を整理できていれば、最悪の場合入れ替えて使うということもできるわけです。
こういった視点からも災害備品を見直してみる必要があるかと思っています。


nice!(0)  コメント(0) 

使い古しのスマホの行方【使い道について】 [災害予備知識]

みなさんは、スマホなり携帯電話を買い換えるときどうしていますか?
スマホの場合は下取りキャンペーンで提供しちゃっている人も少なくないかもしれません。

ですが、ちょっと待って。
古いスマホの使い道について、ちょっと考えていただきたいんです。
もちろん下取りキャンペーンで、安く最新のスマホに変えたい人はそれでいいと思います。
ただ、今後下取りキャンペーン自体がどうなるかわかりませんよね。

そこで、今使っている・買い換えたいというスマホ・携帯について、ちょっと考えてみていただきたいんです。

大規模災害時に備えた重要なファクター(要素)となりうるからです。

最初にガラケーの方。
特に、ワクセグなりフルセグなりが受信できる端末をお持ちの方は、ぜひ、そのままお持ちいただきたい。
スマホと違い消費電力が低い(イコールバッツテリーが長持ち)上に、情報入手手段として、停電によるネット環境が喪失してしまっても、TV受信で情報を入手することができます。

次に、iPhoneの場合。
災害発生時のこれといった、メリットはあまりないように感じます。
ただ、音楽再生用(iPod touch代わり)にすることで、使用中のiPhoneのバッテリー消耗を減らす。
いざという時は、SIM差し替えで現役復帰させるという考え方もできます。

最後にAndroidスマホの場合。
ワンセグ・フルセグの機能があるる端末に関しては、前述のガラケー同様です。
ただ、もう使い倒していて、バッテリーの持ちがほぼないという場合は、下取りに出した方がいいでしょう。

ただ、そうでない場合、格安SIMの導入でテザリング機能を使ったポケットWi-Fi代わりとしての利用法があります。
ポケットWi-Fiとの最大の違いは、バッテリーの持ちは専用端末の方がいいのですが、ブラウジングなどの日常使いができるという点で、古いスマホのポケットWi-Fi化は非常に有益です。
iPhone5以降をお持ちの方は、iPhoneでも同様の使い方ができます。

現在お使いのスマホを下取りキャンペーンに出すと決断された方は、古い端末を中古でゲットするということも考えられます。

■■■要注意■■■
iPhoneの中古の購入を考えている方は、2019年1月4日以降、非正規ショップからの購入ができなくなる可能性が高いので、状況にご注意ください。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

イヤフォンやヘッドフォン、スピーカーについて

かつては、ミニコンポでしたけど、それなりに音にこだわって音楽を聴いていました。

そもそも、テレビを見なくても音楽を聴いているという生活でしたし、テレビはつけていても音は出さずに音楽を流しているなんていうこともありました。

ところが最近は、音に対しての心構えっていうんでしょうかね〜
あまりにも身近に音楽を持ち出せる環境が確立されてしまったので、ちょっと無頓着になっていたような気がします。

イヤフォンやヘッドフォンなども「安くて音質がそこそこよければいいや」って思っていました。
ただ、安かろう悪かろうではないですよ。

そんな僕に、出会いが立て続けにありました。
ドンキで999円にて投げ売りされていたヘッドフォン。スマホ対応でマイク付きっていうところに魅かれて買ってみたら、全体的にヴォリュームが小さいという難点はあったものの、なかなかいい音してる。ただ、1年くらいで壊れましたけど(泣)

そして、Amazonでたまたま見つけたANKERのBluetoothスピーカーが評判がよくて、思わずポチっとしてしまったこと。
実はBluetoothは2.0の頃いくつかツールを買ってみて、信頼性を疑っていたんです。
ところが、これもなかなかコストパフォーマンスのいい商品でした。
そこでなんかスイッチ入っちゃったんですよね。
中国のgeekで安いBluetoothスピーカーやBluetoothイヤフォンを買ってみたりしたんですけど、結局満足感の得られるものにはなかなか出会えませんでした。
特に、Bluetoothイヤフォンは悲惨な結果に...

結局「やっぱりイヤフォンは有線が安心」とAmazonで800円程度のものを購入し直しました。
そうしたら、これが大当たり。
当初よりちょっとこもった音質ではありましたけど、比較的満足度の高い音質で、予備用として追加購入もしてしまいました。
残念ながら、今は売られていないので紹介するすべはないのですが、1年くらい使い続けていたら、エイジングが進んだのか、今とてもいい音を醸してくれています。
特に、低音の再現性が高いのがポイント高いです。

さて、イヤフォンやスピーカーなどの口コミを見ると、比較的低音についての意見が多いように見受けられます。
前述のイヤフォンや購入したBluetoothスピーカーでも低音がダメ的な書き込みも見受けられます。
皆さんが求める低音は、よく聴いている音楽のジャンルなどにも左右されますし、いろいろあるんだと思います。
やっぱりズンズンきて欲しいとか。

僕が求めている低音は「音としての再現性」でしょうか。
演奏として発せられている低音を「音」として出せているか(仮にズンズンいわなくても)。
というところです。
中には、音自体がなかったことにさせられているツールが存在します。
一方で、ズンズンいわなくても音(音符といってもいいかもしれません)として、再現できているツールもあります。

それを確かめる方法として、僕はこの音源をよく使っています。
頭拍の「ズーン」が聴こえる場合は「可」。
それがしっかり響きを持って再現できている場合は「良し」としています。

今のところ、先の800円程度で買ったイヤフォンは「なお良し」としておきましょう。

■音源はこちらです。映画「タイタニック」のサントラより。
 ちなみに、iMacのスピーカーでは「ズーン」の表現ができないようです...



nice!(0)  コメント(0) 

度肝を抜かれたシンフォニー〓ハチャトゥリアン 交響曲第3番〓 [音楽]

僕が高校に入り、男子校だったため吹奏楽部にはほぼ拉致監禁状態で入部することになりました。
とはいえ、小さい頃からいい曲だな〜と思っていた曲はクラシック曲が多く、元々素養はあったのかもしれません^^

さて、その初心者で望んだ1年目。度肝を抜かれた曲と出会います。
それが、ハチャトゥリアンの交響曲第3番「シンフォニー・ポエム」です。
当然オケ曲なのですが、当時は音源が全くなく原曲と編曲との差別ができず、とはいえその超絶技巧にただただ唖然とする曲でした。

今では当たり前のように「交響曲第3番 シンフォニーポエム(もしくは交響的詩曲)」とされているようですが、当時原曲を追いかけた際には「13本のトランペットとオルガン、大管弦楽のための交響曲第3番」という表記があったように思います...
※大管弦楽というほどの編成ではないかと思いますが

吹奏楽で披露したのは、秋田県の当時の超名門「花輪高」
埼玉栄の「ダフクロ」がブームを巻き起こし、いまだに続いているようですが「花輪」のシンフォニーポエムもなかなか負けていないように思います。

中間部のクラリネットによる速いパッセージのソロは、マリンバに置き換えられていますが、東北大会まではクラリネットでやっていたようです。
楽譜を見たことがないので推測ですが、難しすぎて確実性を求めたんでしょうね〜

さて、まずは花輪高の全国大会の演奏をご紹介しましょう。
実は、ポイントでいえば1位だったとか。

そして、原曲であるオケ曲です。
今までいくつも販売されてきたのですが、廃盤になってしまうケースが多いようです( ; ; )
その中でも、お勧めはこれです。
オルガンのカデンツァは、往年の「宇宙戦艦ヤマト」ファンの方達には、ガミラス星のモチーフを感じていただけるのではないでしょうか。(ただ残念ながら音が小さいです)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

やっぱり音楽が好き^^

高校で吹奏楽を始め、大学ではオーケストラ。
社会人になった当初、土日が休みでない会社に就職し、楽器を続けることを勝手に断念してしまいました。
今のようにネットで様々な情報が得られるわけではない時代。
当時から土日ではなく活動しているオケが身近にあったことに気づいたのは、比較的最近でした。

その後転職し、仕事で音楽と関わるようになり、さらにスキルアップのために何度か転職しましたけど、私生活ではやっぱり音楽との密接な関係は断ち切れません。

今のようにスマホが一般的になる前から、iPodやiPod touchを使い、常に音楽を聴いていました。

そんな音楽オタク...特にクラシックやインストルメンタル系好きが、いろいろ音楽を紹介してゆきます。

また、ガジェット好きでもあるので、「ちょっと便利」や「気になる」商品なども紹介していきますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽